ARE WE HAVUNG FUN YET?

皆さん、今晩は~☆


心のままのmessageをカタチに...


革バッグ・雑貨・アクセサリーブランド、

Via(ヴィーア)

たかつ よしえ
です☆





一か月以上に渡って
開催しておりました、




「Via リセエンヌバッグ展」
-フランスリボンとパリの風-

              於: 祐天寺の小さな雑貨屋さん
                 +flower(アンドフラワー)


もおかげさまで昨日
無事に終了いたしました。



たくさんの方々に応援して頂き、
とても上手くいったところ、
もっと直した方がよいところ、
経験として身についたところetc…


たくさんの実りを頂きました^^

本当にありがとうございました!!





そんな昨日は、
このことを思い返しながら、

お台場 東京ビッグサイト】 

ある展示会を見に行って参りました。





f0340942_14223864.jpg


f0340942_14231791.jpg



一般の方はご入場いただけない展示会なのですが、
ファッション・アパレル系のトレンドを
一気に見ることの出来る貴重な催事となっております。



それで何でよりによって
お引き取りの昨日だったかと言いますと、
こちらのセミナーがどうしても聴きたかったから!!




f0340942_14230108.jpg



結論から言ってしまうと、
最近足を運んだアパレルセミナーの中で
一番ストレートにズドンと入ってくる
素晴らしいセミナーでした(^0^)//



何が流行る、こういう傾向が来ている!!
と言うお話の中にちりばめられる
向さんご自身の言葉が、
わかりやすくて、同感できるところが随所に
垣間見られて。




そんなお話をかいつまんでみると、




先ず人間的に伝える力を持った、
ストーリーテラー(物語の語りべ)
になることが大事だと言うこと。

いくら良いものを作っていても
人々の胸に届かなければ意味がないと言うこと。




そしてトレンドのキーワードは6つ


一番にあげられるものは、
レトロロマンティック

完璧でないゆるみに美しさを求める傾向が強い
と言うことで、


男っぽさより女っぽさ、エレガントさ
硬さより柔らかさ、
黒より紺と言う傾向だそうです。




もちろん他には
スポーティーやマリン、ミリタリーもアリ!!



ストーリー・エレガント・上品は
なんといっても私の得意技ですが、

実はハードとソフトを組み合わせて
表現することが大好きだし、
ほんとは隠された得意技なんです!!




アンドフラワーさんでの個展を終えて
これからの方向性や、
コンセプト・ターゲットを見直すうえで
とても重要なことを教えて頂いたという感じです。



バレンシアガの新アートディレクターの方の
表現をお借りすると、



ARE WE HAVUNG FUN YET?
(ちゃんと楽しんでる!?)


自分のメッセージを商品に落とし込んで、
例えばレース、例えばメッシュ編み
くるみ加工などを取り入れた

甘辛ミックス!!
楽しんじゃおうかなーーー!!???



なんだかワクワクして来ました♡



うん!!ちゃんと楽しもーーーっと🎶




結構ストイックなところもあるので、
まじめに考え過ぎてしまうところも
多々あるのですが、

やっぱり楽しんでいないとダメですよね^^





皆さんも何かいっぱい楽しんじゃってくださいね♪




さて今日はまだ早いので、
もう一つ二つ楽しみまーす^^






心のままのmessageをカタチに...


革バッグ・雑貨・アクセサリーブランド、


Via
(ヴィーア)
たかつ よしえ

でした🎶




それでは、また~(^0^)♪














Via(ヴィーア)と名付けたわけは...
http://viavitavia.exblog.jp/23194620/
新ロゴに隠された想いって・・・?
http://viavitavia.exblog.jp/24590370/



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


facebookでちょこちょこ記事書いてます^^;
https://www.facebook.com/profile.php?id=100008633642223

Via(ヴィーア)の商品はこちらからご購入出来ます。
iichiソーシャルマーケット


リーフレットはこちらから。
http://www.photoback.jp/Stage/Photoback/PBER-425953141207201613





by blue-rose-message | 2016-04-09 20:15 | セミナー | Comments(0)